ホーム > シルバーの正しい手入れ > シルバー磨きポリッシュを使った手入れ方法

シルバー磨きポリッシュを使った手入れ方法

シルバークリーナーには、液体タイプの他に、クリーム状のタイプや、どろどろの状態のポリッシュタイプや、スプレィ式のエアゾールタイプなどがあります。クリームタイプとポリッシュタイプの特徴は、小キズなどを取る銀専用の研磨剤が配合されていることです。

鏡面仕上げの光沢のあるシルバーアクセサリーや銀製品は、黒ずみを取るだけではあまり光りません。小キズを取って磨き上げることで光沢がでて新品のような状態に仕上がります。

黒ずみを取るだけなら液体タイプのシルバークリーナーでいいですが、表面に小さなキズがたくさんあって、光沢が無くなっている場合は、研磨剤の入ったクリームタイプやポリッシュタイプで磨くことが必要です。

ハガティ・シルバーポリッシュ

ポリッシュタイプのシルバークリーナーを使った黒ずみ落としの手順


ポリッシュタイプのシルバークリーナーを使う場合は、ウエス(布)などに適量を取り、黒ずみや小キズが付いている部分を、そのウエスで磨きます。手入れする場合は、磨き用のウエスを用意してください。ウエスはいらなくなったTシャツやタオルなどを利用してください。

今回は、何年もほったらかしにしておいたシルバーリングを使います。かなり頑固な黒ずみがこびりついてます。
シルバーポリッシュ使用前

いきなりシルバーポリュシュで磨いてもきれいになりますが、一旦シルバー磨きクロスでリング表面の黒ずみを除去しておきます。写真では黒ずみが取れてかなりきれいに見えますが、表面は小キズが多く全体的に光沢がなく白っぽく感じます。

シルバー磨き布で磨いた後

ここで使用したハガティ・シルバーポリュシュは、ピンク色のヨーグルトのような感じのシルバークリーナーです。写真のようにウエスに少しだけ取り、それを指輪の表面に塗布します。液体シルバークリーナーと違い液ダレがなく色が付いているので、塗布したところがよく分かります。

シルバーポリッシュで磨く

シルバーポリュシュで効果的に小キズを取るには、ポリュシュを表面に塗布してから、少し乾くまで置いておくことです。シルバーポリュシュが乾いた状態から、きれいなウエスで乾拭きの要領で磨きます。

シルバーポリッシュで磨いた後

写真では比較しずらいですが、黒ずみを取った状態から、シルバーポリュシュを使って磨いた状態では、光沢がまったく違ってきます(指輪の表面に反射した文字がクッキリと写りこんでいます)。

またこのシルバーポリュシュは、硫化防止剤が配合されていますので、長期間黒ずみを防止する効果があります。

このページで使用したシルバークリーナー製品はこちらから購入できます。

<参考>
液体シルバークリーナーを使った手入れ方法
シルバーの黒ずみ・変色を防ぐ3つの方法

<参考サイト>
シルバーアクセサリーの新品仕上げや修理の実例集


スポンサードリンク