ホーム > シルバーお手入れQ&A > シルバークリーナーの賢い選び方

シルバークリーナーの賢い選び方

石鹸にも洗顔石鹸や洗濯用石鹸など、用途にあったさまざまな種類があるように、金属クリーナーにも各々の金属にあったクリーナーが市販されています。シルバーにはシルバー専用のクリーナー販売されています。

金属クリーナーの中には、金、銀、銅、真鍮、ステンレスなど、万能金属クリーナーとして販売されているものがあります。しかし金属の性質や硬度が違うため、万能金属クリーナーでシルバーを磨くと、シルバーの表面を無数のキズが付き、表面を曇らせたり、変色を早めることがあります。万能クリーナーは、シルバーには使わないようにしてください。(写真は一般的な万能クリーナー)

金属磨き

また、シルバークリーナーの中には、硫酸などを使用した安全性に疑問のあるものも販売されています。シルバーの表面に地荒れを起こしたり、細いチェーンがバラバラに切れたりする液体シルバークリーナーは、例外なく硫酸主体の洗浄液でそれも硫酸が10%も含まれるpHO.4もの強い酸を含んでいます。この強い硫酸によって変色被膜を溶かす以上に深く銀表面を溶かしてしまうため、表面を荒らしミクロレベルで表面積が増え洗浄してから変色するまでの時間がどんどん短くなり、最後には2〜3日で黄色く変色してしまう結果になります。 (PHは、0から14まであって、PH7が中性で、人間の皮膚はPH4.5からPH6.5くらいで弱酸性とされています。強酸性のクリーナーは、衣服などにつくとボロボロになってしまいます。)

まずは、シルバークリーナーとしての効果があって、安全なシルバークリーナーを選び、廃棄処分についても、問題なく廃棄できる製品を選ぶようにしてください。

<参考>
シルバークリーナーの成分は安全か?
シルバークリーナーの正しい廃棄方法


スポンサードリンク