ホーム > シルバーの正しい手入れ > ネックレスチェーンなど磨きにくい場合の磨き方

ネックレスチェーンなどの磨きにくい場合の磨き方

シルバーのネックレスチェーンは、皮膚とあたっている部分がよく黒ずんできます。特に夏場は汗で汚れやすく、女性の場合は、化粧品などが付きやすく、黒ずみやすい銀製品のひとつです。

ペンダントトップが付いているシルバーネックレスの場合、ペンダントトップとチェーン部分を分けて手入れします。ペンダントトップがシルバー以外の材質でできていたり、宝石が付いているものは、その材質にあった手入れ方法をします。

シルバーのネックレスの手入れ方法


シルバーチェーンについては、磨き布やポリッシュだと汚れや変色が取りにくいので、液体シルバー磨きを使います。汚れやほこりを落としたあと、液体シルバークリーナーに浸けて、その後水洗いします。

写真のシルバーチェーンは、テストのため、わざと黒く変色させてものです。 シルバーチェーンの黒ずみ

シルバークリーナー液に10秒ほど浸けておきます。
(効果が分かりやすいように半分だけ浸けておきます)
液体シルバークリーナー

このようにシルバークリーナー液に浸けている部分の黒ずみが落ちたのが分かります。
シルバーチェーンを液体クリーナーへ

しかし、シルバークリーナー液に浸けるだけでは、汚れや黒ずみが落ちだけで、光沢がなく白っぽいままです。
シルバーチェーンを液体クリーナーへ

そこで、研磨剤入りのシルバー磨きを布キレに少しとって、磨いてみます。
(写真のオレンジの部分が研磨剤入りのシルバー磨き剤です)
シルバーチェーンを液体クリーナーへ

シルバー磨き剤を含ませた布キレでチェーンを軽くしごくように磨くと、白っぽかったシルバーチェーンに光沢がでてきました。
シルバーチェーンを液体クリーナーへ

下の写真はあまりきれいに写ってませんが、光沢がでて、まるで新品のようです。 シルバーチェーンを液体クリーナーへ

トップの手入れ、いぶしが入っているものは、シルバー磨き布で磨きます。いぶしがない場合は、液体タイプかポリッシュタイプで磨けばきれいになります。

ネックレスは夏場、汗などで汚れやすくなるので、こまめに水洗いしてください。

このページで使用したシルバークリーナー製品はこちらから購入できます。

<参考>
液体シルバークリーナーを使った手入れ方法
シルバーの黒ずみ・変色を防ぐ3つの方法

<参考サイト>
ネックレスチェーンの切れ直しや新品仕上げをしてくれるショップ


スポンサードリンク