ホーム > シルバーの正しい手入れ > シルバー表面のキズを取る方法

シルバー表面のキズを取る方法

銀製品は案外傷つきやすく、特にシルバーアクセサリーは身に着けているため、ぶつけたり、こすったりして小さな擦り傷がつきやすいものです。細かい擦り傷などは、研磨剤を含ませた磨き布や銀専用の磨きクロスで磨くと、簡単に取ることができます。

研磨剤などで取れない大きなキズや深いキズは、サンドペーパーやリューターなどの研磨機を使って取ることもできます。

しかし、それよりも深いキズは、溶かした銀ロウを埋めるなど、専門の道具と知識・技術が必要です。専門の業者(銀細工を行う工房)などで見てもらう事をおすすめします。

例えば、下写真のシルバーリングは、小キズが多く、所々に深く削れたキズがあり、全体的に黒ずんでかなり使い込まれた感がでています。ビンテージジーンズのように使い込まれるほどに、味がでて愛着がわくのがシルバーアクセサリーのいいところでもありますが、手入れをすることで、新品のように生まれ変わらすこともできるのもシルバーアクセサリーの特徴です。
シルバーリング

このシルバーリングのように少し深いキズは、やはり専門家によって、キズを埋める作業が必要になります。キズやゆがみを直し、全体的に研磨して鏡面仕上げをすることで、新品の輝きを取り戻すことができます。このように定期的にお手入れすることで、何十年も使い続けることができるシルバーアクセサリーになります。

シルバーリング

このようなシルバーアクセサリーを新品のようにすることを「リフォーム」、「新品仕上げ」、「鏡面仕上げ」などと呼びます。アクセサリーショップや工房などで行なってくれるところもありますので、一度相談してみてはどうでしょうか。

<参考>
テンダーロインのリングの新品仕上げ
シルバーポリュシュを使って小キズを取る方法
シルバーの黒ずみ・変色を防ぐ3つの方法

<参考サイト>
シルバーアクセサリーの新品仕上げや修理の実例集


スポンサードリンク