ホーム > シルバーとは > シルバーの黒ずみの原因

シルバーの黒ずみの原因

アクセサリーは普段身につけていると汚れてきます。
特に、シルバーアクセサリーは、使わずにほっておいても、黒く変色する事があります。もちろん変色していくことによりそれがシルバーの「味」となったり、使っていく上での細かなキズが鈍い光沢を醸し出し、いい風合いとなって、よりいっそう愛着のあるアクセサリーとなるのがシルバーの特徴でもあります。


硫化による黒ずみ


シルバーアクセサリーなどの黒ずみの原因のほとんどが、この硫化による黒ずみです。銀製品は空気中にそのまま放置していたり、硫黄の含まれたものに触れていると黒く変色します。これは、空気中の硫黄分によって表面に硫化銀の皮膜を作ることが原因です。硫化銀の皮膜の厚さによって、黄色、次に茶褐色に変わり、更に皮膜が厚くなると黒色になります。
黒ずんだシルバーリング

また、輪ゴム等のゴム製品(合成ゴムも含む)は、ゴムの伸縮性を良くするために添加されている硫黄化合物と空気中の水分が反応して、硫化ガスに変わり銀を変色させます。パーマ液や化粧品などに含まれている硫黄化合物や界面活性剤の硫黄分、シャンプー、台所洗剤の界面活性剤中の硫黄分、宝石箱のなかのゴム系接着剤や変わったところでは卵やたまねぎなどの食品など、いろいろなものから硫化の影響を受けます。

また、ネックレスチェーンの首や皮膚にあたる部分が黒ずんだり、リングの内側が黒ずんだりするのは、皮膚や髪を構成しているたんぱく質の成分であるシスチンというアミノ酸に硫黄が含まれているからです。また、硫黄は医薬品の皮膚クリームや軟膏にも含まれていて、強い皮膚を作る蛋白質の成分として重要な役割を持っていますが、シルバーアクセサリーを黒ずみをおこす原因となっています。

しかし、磨けば、このようにピッカピカの状態にもなります。
磨いた後のシルバーリング


塩化による黒ずみ


銀製品の塩化により黒ずみは、洗剤や漂白剤に含まれている塩素系の成分によります。これは間違って洗濯機に入れてしまったシルバーアクセサリーなどに、塩素系の漂白剤が付着した場合、表面に強固な塩素皮膜ができることで黒ずみます。
シルバーリング黒ずみ
この塩化皮膜はかなり強固で簡単には取れません。通常の液体シルバークリーナーでは取ることができませんので、表面を研磨する必要があります。

研磨剤入りの磨き布やポリッシュなどで時間をかけて、表面の塩化皮膜をとることになります。それでも取れない場合は、研磨機などを使い、表面の塩化皮膜を削る必要があります。


酸化による変色


シルバー(銀)は、常温では酸化しません。高温で酸素と反応して酸化することになりますが、シルバーアクセサリーや銀の工芸品が高温になることがありませんので、酸化に心配することはあまりありません。

シルバーの酸化

しかし、いぶし処理液や表面加工のためバーナーで高温にした状態で正しい使い方を行なわなかった場合に、酸化することがあります。また銀純度が低く、割金に酸化しやすい金属を使用した場合は、常温でも酸化することがあります。


スポンサードリンク